暮らしのガイド 消防・防災のTopへ戻る
火災予防/消防・防災
火災予防
火事はちょっとした注意や心がけで防げるものです。家庭内でも日頃の安全チェックを忘れないでください。

家庭で火事を防ぐ10か条

(1)寝る前には必ず火の元の点検
(2)天ぷらなど火の使用中は、その場を離れない。
(3)寝たばこ、たばこのぽい捨ては厳禁
(4)プロパンガスボンベは安全に固定する。
(5)使用中の石油ストーブには給油しない。
(6)家の回りに燃えやすいものを置かない。
(7)子どもにはマッチやライターで遊ばせない。
(8)ストーブには燃えやすいものを近づけない。
(9)風呂の空焚き、電気のタコ足配線に注意。
(10) 消火器具の点検や備えを十分に

火事が起きたら
火災は、始めの数分が勝負です。早期通報、早期消火、場合によっては早く避難することも大切です。
(1)通報の方法
「火事だ!」周囲の人に大声で知らせて、協力を求めてください 消防署へ119番通報。(落ち着いて火災発生場所の位 置と目標、何がどのように燃えているかをはっきりと知らせます)
(2)消火の方法
火が出始めの小さな火事であれば、消火器や水だけでなく、毛布で覆うなど手近なものを活用して消火にあたります。また、天ぷら油に引火した場合は、絶対水を使用しないで下さい。
(3)避難
家屋の火災で天井まで炎が移るようであれば、すぐに避難をしてください。煙に巻かれないよう低い姿勢で鼻や口はタオルで覆い素早くその場から離れてください。

消火器の使い方】

  消防・防災のTopへ戻る

Copyright (C) 2008 Kawakamimura All rights reserved. All rights reserved.