暮らしのガイド みんなのネットへ戻る
介護サービスの種類
介護サービスには次のようなものがあります。心身の状況やサービスの上限範囲内を考慮し、有効に活用しましよう。
在宅サービス

【自宅で受けるサービス
訪問介護(ホームヘルプ)
ホームヘルパーが家庭を訪問し、食事、入浴、排泄介助、炊事、掃除、洗濯などの日常生活の手助けを行います。
訪問入浴介護(巡回入浴)
訪問入浴車で訪問し、入浴の介護をします。
訪問看護
看護師や保健師などが訪問し、療養上の世話や診療の補助を行います。
訪問リハビリテーション
理学療法士や作業療法士等などが訪問し、機能訓練を行います。
居宅介護支援
介護サービス利用計画(ケアプラン)の作成を行います。
利用者の希望するサービス事業者と日程など調整をします。これに係る費用の負担はありません。
福祉用具の貸与サービス
車いすや特殊ベッドを借りることができます。
特殊ベッドとその付属品、床ずれ(じょく瘡)予防用具、車いすとその付属品、手すり、歩行器、歩行補助つえ、体位 変換器、移動用リフト、スロープ、痴呆性老人徘徊感知機器など。

日帰りで受けるサービス】
通所介護(デイサービス)
デイサービスセンターなどに通って、入浴や、昼食、機能訓練などが受けられます。
通所リハビリテーション(デイケア)
医療施設や介護老人保健施設などで、必要な訓練が受けられます。

一時的に施設に入所するサービス】
短期入所生活介護・短期入所療養介護(ショートステイ)
短期間、施設に宿泊しながら介護や機能訓練などを受けることができます。

その他の在宅介護サービス】
居宅療養管理指導
医師、歯科医師、薬剤師などが家庭を訪問し医学的な管理や指導を行います。

特定施設入所者生活介護
有料老人ホームなどの入所者も、必要な介護サービスを受けることができます。

痴呆対応型共同生活介護(グループホーム)
痴呆の状態にある要介護者が対象。グループホームにおいて日常生活の支援を受けながら、高齢者が共同生活を行います。

福祉用具購入費の支給
購入費の9割(限度額年間10万円)が支給されます。
腰掛便座、特殊尿器、移動用リフトのつり具、入浴補助用具など。
県指定事業者以外からの購入は給付対象となりませんのでご注意下さい。

住宅改修費の支給
小規模な住宅改修について費用の9割(限度額20万円)が支給されます。
廊下や階段・浴室への手すりの取り付け、段差の解消のためのスロープ設置、滑り防止のための床材変更、引き戸等の扉の取り替え、洋式便器への取り替えなど。
工事前に申請手続きを行う、事前申請制度が導入され、手続きを行わない場合は給付が受けられなくなることがありますのでご注意ください。

訪問理美容(市町村特別給付)
理容・美容室への移動が困難な場合に、 理容師や美容師が居宅を訪問して、理容・美容のサービスを受けることができます。ただし、理容・美容料金は別途負担していただきます。詳しくは、役場住民福祉課までお問合せください。

施設サービス
介護老人福祉施設(特別 養護老人ホーム)への入所
常時介護が必要で、自宅では介護が困難なお年寄りが入所します。

介護老人保健施設(老人保健施設)への入所
病状が安定した方で、自宅に戻れるようにリハビリに重点を置いたケアの必要なお年寄りが入所します。

介護療養型医療施設(療養型病床群等)への入所
小急性期の治療が終わり、長期療養の必要なお年寄りが対象の医療期間の病床です。
  みんなのネットへ戻る

Copyright (C) 2008 Kawakamimura All rights reserved. All rights reserved.