暮らしのガイド 国民健康保険・国民年金のTopへ戻る
特定健康診査等/国民健康保険・国民年金
特定健康診査・特定保健指導が始まりました。
平成20年4月から「高齢者の医療の確保に関する法律」により、村民のかたが加入されている医療保険者が40歳〜74歳までの方を対象にした特定健康診査・特定保健指導を実施することになりました。
特定健康診査は、メタボリックシンドローム(生活習慣病)に着目した予防の健診です。
特定健康診査の結果により、情報提供、動機付け支援、積極的支援の3つに分類し、受診者の個々に応じた保健指導を実施します。特定健康診査を受診する人が少なければ、健康へのリスクが高くなるだけでなく、医療費の増加が予想され、国民健康保険税が高くなる可能性がありますので、年に1回は特定健康診査を受け、ご自分の健康管理や健康づくりに役立てましょう。

健診内容

項目

検査の内容

診察等

視診、触診、聴打診などを行います。

問診

現在の健康状態や生活習慣(飲酒、喫煙の習慣など)を伺い、検査の参考にします。

身体計測

身長、体重、腹囲を測り、肥満度の指標であるBMIも計算します。

血圧測定

血圧を測り、循環器系の状態を調べます。

血中脂質検査

動脈硬化などの原因となる中性脂肪やHDLコレステロール、LDLコレステロールを測定します。

肝機能検査

肝細胞の酵素を測定し、肝機能などの状態を調べます。

血糖検査

空腹時血糖またはヘモグロビンA1cを測定し、糖尿病などを調べます。

尿検査

腎臓、尿路の状態や糖尿病などを調べます。

※必要な方には、貧血検査(ヘマトクリット値、血色素量、赤血球)、心電図検査、眼底検査を実施します。

  国民健康保険・国民年金のTopへ戻る

Copyright (C) 2008 Kawakamimura All rights reserved. All rights reserved.