暮らしのガイド 国民健康保険・国民年金のTopへ戻る
退職者医療制度について/国民健康保険・国民年金
退職者医療制度について
会社などを退職して、年金を受けられる人とその家族(被扶養者)は、65歳未満まで、退職者医療制度で医療をうけられます。

対象者
 対象者本人
  次の条件のすべてにあてはまる方(退職被保険者本人)とその扶養家族が対象となります。

・国保に加入している方(60歳〜65歳未満)
・老人保健制度の適用をうけていない方
・厚生年金や各種共済組合などの老齢(退職)年金をうけている方で年金制度への加入期間が20年以上、または40歳以降の加入期間が10年以上ある方

 被扶養者
  退職被保険者と世帯が同じで、主に退職被保険者の収入によって生計を維持している配偶者
  および三親等内の親族が対象です。

・国保の加入者(65歳未満)
・年間の収入が一定額未満の方
  60歳以上の方:年間収入180万円未満
  60歳未満の方:年間収入130万円未満

届け出
年金を受給する資格が発生した日から、退職者医療制度の適用が受けられます。年金証書を受け取った日から14日以内に、住民福祉課(52-0111 内線20・21)へ届け出をしてください。
医療費の負担
退職被保険者本人
3割
被扶養者
3割
※外来時に投薬をうけた場合は別途負担があります。また、入院時の食事代は別途負担となります
  国民健康保険・国民年金のTopへ戻る

Copyright (C) 2008 Kawakamimura All rights reserved. All rights reserved.