暮らしのガイド 国民健康保険・国民年金のTopへ戻る
高額療養費の支給をうける時/国民健康保険・国民年金
こんな時には届出を
病気やケガでお医者さんにかかり、高額の一部負担金を支払ったときは、申請により限度額を超えた分が支給されます。

一部負担金が限度額を超えた場合

区分 所得要件 限度額

旧ただし書所得901万円超 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
<多数該当:140,100円>
旧ただし書所得600万円〜901万円超 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
<多数該当:93,000円>
旧ただし書所得210万円〜600万円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
<多数該当:44,400円>
旧ただし書所得210万円以下 576,000円
<多数該当:44,400円>
住民税非課税 354,000円
<多数該当:24,600円>

※旧ただし書所得とは、総所得金額等から基礎控除額33万円を控除した額です。
※多数該当…診療を受けた月を含む過去1年間で高額療養費に該当するのが4回目以降

なお、70歳以上の方には、医療費の負担を軽くするため、別に自己負担限度額が設定されています。詳しくは、住民福祉課(52-0111 内線25・26)までお問合せください。

  国民健康保険・国民年金のTopへ戻る

Copyright (C) 2008 Kawakamimura All rights reserved. All rights reserved.