暮らしのガイド 国民健康保険・国民年金のTopへ戻る
国民年金について/国民健康保険・国民年金
国民年金とは
老後の生活を充実した実り豊かなものにするためには、経済的な安定が欠かせません。老後の生活を保障し、私たちの暮らしを支えてくれるものの一つが、公的年金制度である国民年金です。また、国民年金制度では、思わぬけがや病気で障害者になったときや、一家の働き手を失ったときにも、年金が給付されます。

国民年金加入者
国民年金には3つの種類があり、日本に住む20歳以上60歳未満の人は必ずどれかに加入します。
学生の方も20歳になったら加入の手続きをして保険料を納めなければなりません。

加入者の種類

加入者の種類 学生・自由業者(サラリーマン)・自営業者とその家族など
第2号被保険者 サラリーマンなど、厚生年金加入者と教材組合に加入している方
第3号被保険者 第2被保険者に扶養されている配偶者
また、次の方は希望すれば加入することができます。
・国外に住む日本人(20歳以上60歳未満)
・国内に住所のある60歳未満の方で、老齢(退)年金を受けている方
・国内に住所のある60歳以上65歳未満の方(特例で70歳までの任意加入制度あり)
※参考ホームページ
「国民年金って何?社会保険庁からのお知らせ」 http://www.nenkin.go.jp/
  国民健康保険・国民年金のTopへ戻る

Copyright (C) 2008 Kawakamimura All rights reserved. All rights reserved.