暮らしのガイド 国民健康保険・国民年金のTopへ戻る
給付の種類について/国民健康保険・国民年金
給付の種類について
年金にはどんな種類があり、どんな時に受け取ることができるのでしょうか。
こんな時に受けることができます
給付の条件
●障害基礎年金

国民年金に加入している方や老齢年金を受ける資格のある方が、病気やケガで障害等級1級又は2級の障がいに該当した時


初診日の月の前々月までの加入しなければならない期間のうち、保険料を納めた期間と保険料を免除(学生納付特例期間を含む)された期間を合わせた期間が3分の2以上あること。ただし、平成28年3月31日以前に初診日がある場合は、初診日の前々月までの1年間に保険料の未納期間がなければ受けられます
●老齢基礎年金
25年以上保険料を納めた方(免責期間も含む)が、65歳になった時。ただし、希望すれば60歳から減額して支給可能 国民年金保険料を納めた期間、厚生年金・共済組合加入期間などを合わせて、25年以上ある方が受けられます
●遺族基礎年金
国民年金加入途中に死亡または老齢基礎年金を受ける資格期間を満たした人が死亡した時に、その人に生計を維持されていた子のある妻、又は子に支給される 死亡日の前々月までに保険料を納めた期間と保険料の免除を受けた期間、学生納付特例期間を合わせた期間が3分の2以上あること。子は、18歳未満か20歳未満の障がいのある子
●寡婦年金
老齢年金の資格期間を満たした夫が、年金を受けないで死亡した時 婚姻期間が10年以上あった妻に60歳から65歳になるまでの間、支給されます
●死亡一時金
国民年金の保険料を3年以上納めた方が、年金を受けずに死亡した時 保険料納付済期間が3年以上あること。遺族が遺族基礎年金・寡婦年金を受けていないこと
  国民健康保険・国民年金のTopへ戻る

Copyright (C) 2008 Kawakamimura All rights reserved. All rights reserved.