暮らしのガイド 健康・医療のTopに戻る
乳幼児の予防接種/健康・医療
予防接種対象年齢は、お母さんからの免疫力や子どもさんの体力、罹患好発年齢など、いろいろな条件から決められています。対象者には個人通知いたしますので、添付文書をよくお読みいただき、赤ちゃんや子どもたちを病気(感染症)から守るために、接種を受けるようにしましょう。
※予防接種実施日は保健行事予定表をご参照ください。
定期予防接種の種類と対象者
種類 接種方法 対象者
BCG 1回接種 生後3か月〜1歳未満
麻しん風しん混合 T期 1回接種 1歳以上2歳未満
U期 1回接種 小学校就学前1年〜前日の 幼児
2種混合 (ジフテリア・破傷風)

1回接種

小学校6年生
4種混合 (ジフテリア・破傷風・百日咳・不活化ポリオ) 初回 3週間〜8週間の間隔で3回接種 生後3か月〜7歳6か月未満
追加 初回3回目終了後6か月〜18か月で1回接種(概ね1年後) 7歳6か月未満
日本脳炎 T期初回 1〜4週間間隔で2回接種 保育園3歳
T期追加 T期終了の翌年1回接種 保育園4歳
U期 1回接種 小学校4年生
ヒブ 接種開始年齢 2か月以上 7か月未満 初回(各4〜8週間の間隔で) 3回+追加1回 生後2か月以上5歳未満 ※追加接種は初回免疫終了後 概ね1年後。
7か月以上 1歳未満 初回(各4〜8週間の間隔で) 2回+追加1回
1歳以上 5歳未満 1回接種(追加接種なし)
小児用肺炎球菌 接種開始年齢 2か月以上 7か月未満 初回(各27日間以上の間隔で) 3回+追加1回 生後2か月以上5歳未満 ※追加接種は初回免疫終了後 60日以上経過してから。
7か月以上 1歳未満 初回(各27日間以上の間隔で) 2回+追加1回
1歳以上 2歳未満 初回(60日間以上の間隔で) 2回(追加接種なし)
2歳以上 5歳未満 1回接種(追加接種なし)
子宮頸がん 同じワクチンを3回続けて接種 ※2種類のワクチンから選択して接種 中学校1年生女子

*子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについて
平成25年6月14日の厚生労働省の専門家検討部会において、予防接種の副反応について専門家による分析・評価が行なわれました。その結果、接種後にワクチンとの因果関係を否定できない持続的な体の痛み等の副作用の報告があることを受け、積極的に接種を勧めることを一時差し控えることとなりました。
定期接種としての取扱いに変更はなく、希望される方は接種できますが、本予防接種の副作用に対して理解と同意を得た上での接種となります。
詳しくは、厚生労働省のホームページでご案内していますのでご覧ください。
(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/)

対  象 対象者には個人通知いたします。
接種日に受けられない場合は、住民福祉課予防接種係までご相談下さい。
受付時間 予防接種によって異なります
場  所 川上診療所、保育園、学校など
持 ち 物 母子健康手帳、各予防接種予診票(事前に郵送しています)
料  金 無料
任意予防接種の助成

予防接種法により定められている定期予防接種は、接種費用が原則として公費で負担されるため、無料で接種を受けることができます。一方、定期予防接種以外の任意予防接種は、全額が自己負担となるため接種を希望する方にとって大きな負担でした。
川上村では、予防医療の推進を図るため、以下の任意予防接種に対し、助成を行っています。

種類 対象者(全ての項目に該当すること) 補助回数 補助額
おたふくかぜ 1.1歳以上15歳未満。
2.過去におたふくかぜにかかったことがない。
3.おたふくかぜ予防接種を2回受けていない。
2回 接種費用の1/2
水痘(みずぼうそう) 1.1歳以上15歳未満。
2.過去に水痘にかかったことがない。
3.水痘予防接種を2回受けていない。
2回 接種費用の1/2
インフルエンザ 生後6ヶ月〜小学校就学前 年度2回まで 1回につき上限1,500円

手続き方法:
医療機関でワクチンを接種後、領収書と母子手帳、認印、振込先がわかるものを役場住民福祉課までお持ちください。
後日、補助額をお振込みいたします。

  健康・医療のTopに戻る

Copyright (C) 2008 Kawakamimura All rights reserved. All rights reserved.