暮らしのガイド 健康・医療のTopに戻る
妊娠届
医療機関で妊娠していることが判明した場合は、なるべく早く妊娠届を提出しましょう。届出をすれば、妊婦健康診査の公費負担制度を利用できます。
※届出は住民福祉課で随時受付けいたします。

妊娠届
母子健康手帳と妊婦健康診査補助券の交付を行ないます。

対  象

川上村に住民登録されている妊婦の方
届出期日 妊娠したら速やかに届出て下さい
届出場所 住民福祉課
持ち物 印鑑(朱肉を使うもの)

※妊娠届書は、住民福祉課で発行します。

母子健康手帳
妊娠届を提出頂いた際に発行します。
妊娠からお子さんが小学校に入学するまでの、母と子の記録です。育児・予防接種・健康診査などの際にお使いいただけます。

妊婦健康診査
妊婦さんや赤ちゃんの健康状態を定期的に確認するための健診です。
妊娠は病気ではないため、健康保険が適用されません。そのため、母子健康手帳の交付時に公費負担の補助券をお渡しします。(14回分)

対  象

川上村で母子健康手帳の交付を受けた妊婦の方(川上村に住民登録のある方)
利用方法 母子健康手帳交付時に妊婦健康診査補助券をお渡しします(14回分)
補助券の妊婦記入欄に記入し、健診受診の際に医療機関に提出してください
利用期限 妊娠判明から出産までの期間
利用可能な医療機関 県内の委託医療機関

里帰りなどで奈良県外の医療機関で受診される場合
里帰り出産などの理由で、奈良県外の医療機関や助産所で妊婦健診を受けた方に対して、かかった費用の全部または一部を償還払いします。
※県内の医療機関等で利用しなかった妊婦健診補助券や県外医療機関等受診時の領収書などが申請に必要です。処分せずに、申請時まで保管しておいてください。

申請に必 要なもの

・妊婦健康診査費用請求明細書(住民福祉課で発行します)
※医療機関証明欄に受診医療機関または助産所の証明を受けてください
・医療機関または助産所発行の領収書
※受診者氏名・受診日・金額・医療機関所在地などが確認できる領収書
・母子健康手帳
※領収年月日と同受診日の妊婦健診受診結果の記載のあるもの
・妊婦健康診査補助券(未使用のもの)
・印鑑(朱肉を使うもの)
・申請者本人名義の通帳
申請期間 申請をする健診のうち最後の受診日から1ヶ月経過した日が属する月の末日まで
支払額
 (上限)
県内用補助券に準じた額を上限とし、支払った金額(医療保険適用分を除いた額)が上限より少ない場合は、少ない方の額を上限額とします
※支払額については、要した健診費用に対して、医療保険適用分を除いた額で審査し、全額または一部を申請者本人名義の銀行口座へ振り込みます

妊娠判定受診料補助
妊娠判定検査を行った場合、受診料を補助します。
※妊娠届を提出していただいた際にご案内いたします。

対  象

川上村に住民登録されている方
補助内容 妊娠判定に要する問診及び診察・尿検査・超音波検査(医療機関の判断により実施)
補助金額 1回7,000円を上限として年度内2回まで
手続方法 妊娠届出の際に「妊娠判定受診料請求書」をお渡しします
そこに記載の「妊娠判定受診証明書」に妊娠判定を行った医療機関で証明していただいき、住民福祉課にご提出ください
持ち物 印鑑(朱肉を使うもの)・申請者本人名義の通帳
  健康・医療のTopに戻る

Copyright (C) 2008 Kawakamimura All rights reserved. All rights reserved.